読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車乗りの季節

春と秋は快適に自転車に乗れる。特に4月、5月は花粉症も落ち着くので眠くなる薬を飲む必要もない。

難しいこと考えない。シャツを脱ぎ、パンツを脱ぎ、パンツも脱ぎ、靴下も脱ぎ、心拍センサーを胸に取り付け、アンダーウェアを着、レーパンを着、アウタージャージを着、ポケットの中にティッシュ、サイフ、スマホと鍵を入れ、ヘルメットを被り、サングラスを付ける。はい、ここでイラっとする。レンズに汚れを見つける。途端に出かけるのが面倒になる。レンズの汚れを拭き取る。自転車をスタンドから外し、靴を履く。踵を何度か床に打ちベルクロをしっかりと締める。鉄扉を開けて自転車を搬出する。自転車を壁に立てかけ、鉄扉を閉じる。鍵をかける。はい、ここでイラっとする。給湯器のガス、消してないんじゃないか?解錠して鉄扉を開ける。靴を脱ぐのは面倒だからそのまま上がる。給湯器を確認すると、ほらやっぱり。漸く、自転車に跨り初めの一踏み。ピーと音が聞こえる。分かってるよと機械に心の中で八つ当たりしながらサイコンのスタートボタンを押す。

出発。

今日は峠にでも行ってみるか、と思うが寝坊したので尾根幹線道路へ。