読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるね姫舞台探訪

路地

この週末、映画ひるね姫の舞台である下津井地区を訪れた。 天気は快晴で汗ばむ陽気だったが、気持ちいい風が吹いて聖地巡礼しつつ写真撮ったりするには最高だった。

マリンライナーに乗って児島駅に9時過ぎに到着。改札出たところすぐに観光案内所があり、そこで電動レンタサイクルを借りた。16時が返却期限とのこと。駅から下津井地区往復とロケ地ポイント探すのに徘徊する時間を考慮したら、出発は午前中が良さそう。

駅から5分くらいで下電児島駅跡、そこから廃線跡を利用した風の道と呼ばれる自転車歩行者専用道を走る。駅ホームや架線を吊っていたと思われるビームの遺構があり、良い雰囲気。途中、坂道が連続するところがあるが電動アシストをハイパワーモードに切り替えれば無理なく登れた。

坂を登りきり、下っていくと下津井地区に入る。

狭い路地に年季の入った家々がひしめきあって、その中を郵便配達のバイクが走っていく。港には漁船が並んでいて釣りを楽しんでる人もいた。静かで時が止まってるような、そんなところだった。

写真はココネが通学に使っている路地。写真中央下をよく見るとわかるが、ロケ地には案内が表示されてて分かりやすくなっている。

帰りは風の道ではなく沿岸沿いを通ることにした。やや遠回りにはなるが海が近いから景色は良さそうだ。

瀬戸大橋の下をくぐると山坂道が続くが電動アシストのおかげで全く苦にならない。児島ボートレース場を過ぎてしばらくすると児島駅に到着。

飛行機の時間の関係でやや急ぎ足になってしまったが、もし時間があればスタンプラリーに参加して全ポイント制覇も楽しそうだ。

マリンライナーで四国に渡り、ロケ地である高松空港から帰宅。

AKG K712

Odai「愛用のイヤフォン・ヘッドフォン」

以前AKG K267を使ってたが、品質が悪いのかそもそも設計が悪いのか2年持たずして耳のあたりにあるバンド長調整機構がヒビ割れ、かつ、ネジが外れてお釈迦に。買い物としては失敗だった。これがDJホンと宣ってるんだから目も当てられない。実際DJホンとして使ったら一晩持たないんじゃないか。

ところが「もうAKGなんて買わねーよ!」とはならなかった。高音が煌びやかに聞こえる感じとか、ハイハットの金属とノイズの混じった音の生々しさみたいなのとかクセになるところがある。

そして今使ってるのがK712だ。

AKG Reference Studio Headphones  K712PRO 【国内正規品】

AKG Reference Studio Headphones K712PRO 【国内正規品】

AKGらしい煌びやかさはある。K267と比較して若干ではあるが抑え目にはなってる。そして低音。重低音とは言えない。控えめではあるが、変に強調してるわけではないので私個人としてはちょうどよい。オープンなので音漏れは盛大だが、水の中にいるような圧迫感はなく、開放的な気分で聴ける。もっともこの大きさで外で聴こうなんて思わないが……。

調整機構もシンプルだし、ケーブルも着脱・交換可能なのでやや安心。

これが3万円台前半。悪くない。

倫理観なんてあったもんじゃない

野生動物(ポケモン)を捕まえて、片っ端から博士送りにする。博士送りにされた動物は実験施設であれやこれやされ、謎の檻に閉じ込められ、眼に見えない何かを浴びせられる。その動物は青白く発光し、身体が浮き上がり、手足はビクビクと震える。鳴き声を出す余裕すらないまま数秒経ち、突然光が消え、身体は地面に叩きつけられる。動物は全く別の個体になっていている。

そのようなことを一日に何度も何度もやっている。捕まえては送り、捕まえては送っている。そこには倫理観なんてあったもんじゃない。

どうしよ

仕事がヒトヤマ越えた気になって完全にやる気失ってる。そしてこの暑さ。豪雨後の蒸し暑さ。食欲も落ちている。ご飯少なめでちょうどよくなった。アルコールには弱いのに選ぶ缶ビールは長い方。買って満足して冷蔵庫の肥やし。

ブログとはてブを巡回する。もう一度巡回して、何の役にも立たないコメントを残す。たまに自分の過去コメントを見返すもつまらん奴だなと思ってブラウザを閉じる、となればまだマシでこんなコメでも⭐️貰えるんだなとか考えてる。

録画したアニメを消化するも今期はそんなに面白いものもなく、海外通販で買った Strawberry Marshmallow を英語音声で流す。私の中では英語音声が基本でたまに日本語音声で聞くと逆に違和感を覚える。別に聞き取れるわけじゃないんだけど。

そして眠くなったら寝る。一体何に向かって生きてるんだかわからん。

レベル上げに勤しむ

日本配信日からやってるのだが、ようやくLv21に到達した。学生とは違い、夏休みで遊び放題という状況ではないが、仕事終わりに桜吹雪が舞うポケストップが2つ3つ入るところに俯いて立っていれば、いいペースで上がっていく。

  1. しあわせタマゴを使う。30分しか効かないからといって、もったいぶらない。
  2. ポケモンを捕まえる。命中率と時間節約のため、ボールは回さない。
  3. 捕まえたら、その場で博士送りにする。
  4. 進化させる。進化のアニメーション効果は長いので、しあわせタマゴの残り時間には気をつける。進化させたら博士送りにする。
  5. ポケストップは回してアイテムが少し見えたら❌ボタンを押して時間節約。

なんてことはない。すべてネットに上がってるような事だ。ただ様々なことを試しているうちに、最終的にはこのような作業に行き着く。

今後の機能拡張がなされていくうちに、トレーナーレベルによる差が重要ではない遊び方になっていくと予想する。Ingress は A8 以上はほとんど差がない。であるなら、今はレベリングに励むのがいいのかなと。レアポケモン探しに何とか公園行ったり、ジムに挑んだりするのは、その後でいいかなと。

カワイイ言いながらキャッキャウフフと遊ぶのが楽しいのは分かってる。

不審者大杉

特定アプリケーションのおかげで、伊勢佐木モールに不審者が多発していた。Ingress の比なんてものではない。何もそこに立ちどまらなくてもいいだろ?と思う位置で、下から上へフリックする男。ベンチに座り、下から上へフリックするカップル。軒先で煙草をふかし、下から上へフリックするおっさん。

そういう自分もインストールし、これからどう転ぶのか分からんものに14500コイン課金してしまった。iTunesカードが10%引だったので、1500円のカードを10枚買ったのだった。どうかと思う。まずはある程度の土俵に登らないと飽きてしまいそうと感じたのだ。経験値2倍獲得アイテムを使いながら進めていくつもりだ。

一度でいいから行ってみたい国って?

Odai「行ってみたい国」

Inserted this Odai.

フィンランドだった。一年のうち春夏くらいしか開いてないというムーミンワールドに行って本物の水浴び小屋から湖を眺めてみたり、イッタラなどおしゃれな雑貨をお土産に選んでみたりしてみたかった。全編フィンランドロケのかもめ食堂の世界を感じてみるのもよさそうだった。

行けばいいのに。それだけ気になるなら。そりゃヨーロッパ方面は飛行機代もバカにならないけど、いいじゃないか。

しかし、一緒に行ってくれるような人はいないので、今となってはどうでもよくなった。

なにか病気になって余命宣告されたら、仕事放り出して行くかもしれない、そんな位置。